今週の脳神経外科

松永裕希先生の論文が『Pharmaceutics』にacceptされました。

2021年08月19日

当科大学院生で現在、長崎みなとメディカルセンター脳神経外科に勤務している松永裕希先生の論文がPharmaceuticsにacceptされました。

我々が臨床で使用する造影剤が血液脳関門に与える影響及びそのメカニズムまで考察されており、今後の研究の発展も期待されます。

本研究は長崎大学脳神経外科、福岡大学薬学部、ファーマコセル株式会社、ハンガリー生命科学研究センターの共同研究の成果となります。
おめでとうございます。

写真はハンガリーのセゲドで共同研究者と撮影したものです。

MAP kinase pathways in brain endothelial cells and crosstalk with pericytes and astrocytes mediate contrast-induced blood–brain barrier disruption.
Matsunaga Y, Nakagawa S, Morofuji Y, Dohgu S, Watanabe D, Horie N, Izumo T, Niwa M, Walter FR, Santa-Maria AR, Deli MA, Matsuo T.
Department of Neurosurgery, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University
Department of Pharmaceutical Care and Health Sciences, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Fukuoka University
BBB Laboratory, PharmaCo-Cell Company Ltd.
Biological Barriers Research Group, Institute of Biophysics, Biological Research Centre, Szeged, Hungary

Pharmaceutics

Photo: Yuki with Fruzsina and Raquel in Szeged, Hungary

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Copyright © 2021 長崎大学 脳神経外科, All rights Reserved.